新しいものづくりがわかるメディア

RSS


中国・オープンソースハードウェアのSeeed、日本法人を設立——国内makerのニーズを反映した製品開発を促進

オープンソースハードウェアを製造するSeeedは、日本マーケットの開拓や日本のニーズを反映した製品開発のため、国内法人を設立したことを発表した。

中国・深センに本社を置くSeeedは「maker for makers」を掲げ、オープンソースハードウェアのキット販売や、Makerに小規模量産、プリント基板の製作サービスなどを提供している企業だ。世界各国のmakerが電子部品を気軽に使えるように、センサーモジュールを専用コネクタを使って接続するGroveシステムや、SeeedブランドのArduino互換機であるSeeeduinoなど、オープンソースハードウェアを開発・販売している。

今回日本国内の総販売代理店たる現地法人を設立することで、国内のマーケティング、ユーザーサポート、卸販売などを行う。加えてSeeedブランドの製品を取り扱うパートナー企業のスイッチサイエンスを始め世界中の500社以上のディストリビューターと協力し、国内のmakerプロダクトのグローバル販売もサポートするとしている。

同社は発表の中で、近年makerの作品制作やIoT機器のプロトタイピングなどのために、電子部品を1個から手軽に使いたいというニーズが高まっているとし、中国で培ってきた高い製造力を活かして、日本のニーズを反映した、個人でも使いやすい製品の開発をすすめたいと、日本市場進出の狙いを説明している。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 米海軍、強襲揚陸艦「エセックス」上で金属3Dプリンター導入実証実施
  2. 地下から無尽蔵のエネルギーを得る——MIT、強力マイクロ波を使って大深度地熱井を掘削
  3. 3Dプリントでデスクトップサイズの風洞試験装置を自作
  4. 造形サイズが2.7倍に拡大——FLASHFORGEデスクトップ家庭用3Dプリンター「Finder3」発売
  5. 特集は3Dものづくり入門——CQ出版、「トランジスタ技術」2022年9月号発売
  6. アシックス、パラメトリックデザイン手法と3Dプリント技術を活用した「ACTIBREEZE 3D SANDAL」を開発
  7. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  8. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始
  9. スイッチサイエンスがM5Stackの工業用途向け開発プラットフォーム「M5Station」を販売開始
  10. DLP光造形3Dプリンター「RAYSHAPE」、サンステラ3Dモールで取り扱い開始

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る