新しいものづくりがわかるメディア

RSS


企業もはじめるFab&Hack

企業×ベンチャー支援の新しいカタチ オムロンによるインキュベーション「コトチャレンジ」とは

社員の意識変革は新たな事業創出への第一歩

——1回目のコトチャレンジで、ベンチャー支援に対するオムロンのメリットとしてどんなことが見えてきたのでしょうか?

「自分たちの新規事業創出にいかにつなげていくかはまだ整理段階ですが、社内で『面白いアイデアがあるから仲間を集めたいな、本業と違うけれどやってみたい!』という意識が芽生えてくると今後の動き方も変わってくるかなと思うので、もっと社内PRを強化していきたいですね。今回のコトチャレンジで弊社社員が参加したチームは、3年程前から若手で集まって活動していたようで、デモデイの時に弊社の役員に『本業も楽しいですが、実はこういうことがやりたかったんです!』とぶっちゃける場面もありました。このシチュエーションでよくぞ言ったという感じでしたが、ポジティブな動きだなと捉えています」 

6チームは8月に開催されたMaker Faire Tokyo 2015にブースを出展した。2日間で多くの方が訪れ、大盛況だった。(写真提供:オムロン) 6チームは8月に開催されたMaker Faire Tokyo 2015にブースを出展した。2日間で多くの方が訪れ、大盛況だった。(写真提供:オムロン)

——次回開催に向けてどんな点をブラッシュアップする予定ですか?

「第2回は12月にエントリーを開始して4月からプログラムをスタートします。それに向けて、京都をはじめ主要都市の大学をまわり、アントレプレナーを育てる文科省のEDGEプログラム*1や、Tech系研究室の研究者を対象にコトチャレでプロト作製にトライしませんか?という提案をしています。また、社内(滋賀県草津市)にクリエイトラボをつくる動きがあるので、試作支援にそのラボを活用していこうと考えています。匠の支援については、メンターのバリエーションを増やす予定です。京都/滋賀にはオムロンのOBもたくさんいるので、今後はそういった方にもメンターとして一肌脱いでいただき、幅広いジャンルをカバーしていこうと思います」

——今後も「京都で」という部分にこだわって開催していくのでしょうか?

「いずれは台湾やシリコンバレーへの出張“コトチャレンジ”もと思いますが、周囲の方からは、『京都で開催するからいい』と言われます。それは海外ではオムロンのヘルスケアブランドの知名度が高いので、オムロンの社員がメンターにつくと言えば日本に行きますという人がたくさんいるらしいのです。ですから当面は、京都でエコシステムを構築していくことに注力しようと考えています」 

コトチャレンジ第一期生の皆さん。専門知識に強い学生チームと経験豊富な起業家チームが意見交換をするなどチーム同士の交流も活発だったという。(写真提供:オムロン) コトチャレンジ第一期生の皆さん。専門知識に強い学生チームと経験豊富な起業家チームが意見交換をするなどチーム同士の交流も活発だったという。(写真提供:オムロン)

脚注

*1 EDGEプログラム 文部科学省による「グローバルアントレプレナー育成促進事業」。現在、13の大学が参加している。

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 中国メイカースペースバブルと崩壊後
  2. TechShare、Actcast対応の「Raspberry Pi AIカメラスターターキット」発売
  3. Arduinoライクにプログラムできる——ゲームコンソールやローバーロボットにもなるスマートウォッチ「watchX」用アクセサリー
  4. オムロン、個人向けにオープンプラットフォームに対応したセンサー3種類を発表
  5. シリコン半導体に置き換わる新デバイスーー集積度の限界を超える「金属-空気トランジスタ」
  6. ペダリングを分析するインソール——サイクリスト向けBluetooth対応インソール「Digitsole」
  7. 手で動かしてカラープリント——モバイルインクジェットプリンター「PrintBrush XDR」
  8. PVCライクな新素材——びーふる、光造形方式3Dプリンター用樹脂「PMMA(PVC-L)」を開発
  9. 新型ヘッドで300℃に対応——デュアルヘッドFFF方式3Dプリンター「Value3D MagiX MF-2500EP II」
  10. 安心の日本語対応——カバー付のコンパクトな3Dプリンター「Value3D MagiX MF-800」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る