新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Julie Wataiと電子工作チャレンジ!

至高のウェアラブルデバイス「あのスカウター」をLEDとArduinoで作ってみた

デジタルフォトグラファーとして活躍するJulie Wataiさんと、いろいろな電子工作に楽しくチャレンジしてみよう!企画第2弾。今回は漫画「ドラゴンボール」のスカウター風のアクセサリー。
無骨・むき出し=おしゃれじゃないというイメージを逆手にとって、むき出しだからこそかっこいいガジェットを作ってみました。(撮影:加藤甫)

「日本人がとりあえずつけてみたい想像上のウェラブルデバイス」で全国アンケートを取ったら、間違いなく1位になるであろう、漫画「ドラゴンボール」のスカウター。

さすがに相手の戦闘力を調べる技術は実装できないが、Julieさんに似合うスカウター風のアクセサリーなら作れるんじゃないだろうか。よし、作ってみよう! というふんわりした流れから今回もスタート。 

まずはスカウターのゴーグル部分の制作から開始。まずはアクリル板をレーザーカッターで加工するところから。fabcrossでも何度か取材でお邪魔している渋谷のFabcafeCafe Tokyoでレーザーカッターを予約して、データとアクリル板を持ち込んだ。

スタッフの方に手伝ってもらいながらカット開始。FabCafeは無線LANが使えて、初心者にもていねいに機械の使い方を教えてくれるので、Julieさんも普段からよく利用しているらしい。この日もスタッフにサポートしてもらいながら、ものの数分でデータ通りにカットが完了。

おこづかいで作れるスカウター

こちらが部品一式と工具。

前回も使用したArduinoに加え、AdafruitのI2C通信対応の8×8 1.2インチ2色LEDマトリックスが今回の主役だ。どれも秋葉原のパーツショップやスイッチサイエンスのようなECサイトで購入可能なものばかりだ。

ちなみに左奥のアイスコーヒーは「FabCafeのコーヒーってとてもおいしいんですよ」とJulieさんがレーザーカット中に言っていたのを聞いて買っただけなので、特に工作には関係ない。 

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. IBMチューリッヒ研究所、LEGOとArduinoとRaspberry Piを使って総額300ドルの顕微鏡を作製
  2. 弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」
  3. Raspberry Piのサンプルプログラムで機械学習を学ぶ——CQ出版、「ラズパイとカメラで自習 機械学習」発刊
  4. 楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」誕生
  5. 5分で組み立て可能——モジュラー式デスクトップ3Dプリンターキット「Creality CR-6 SE」
  6. 英バース大、3Dプリントして自作できる研究室グレードの顕微鏡デザインを公開——最安製造コストは2000円以下
  7. マスク装着時の不快感を軽減——B´full、「3Dプリント製 立体インナー:メイクキープフレーム」販売開始
  8. 町工場の声から生まれたAI——製造業を支えるスタートアップを目指すロビット
  9. 8GBメモリを搭載——スイッチサイエンス、「Raspberry Pi 4 Model B/8GB」を発売
  10. SPDTリレー×4搭載——「ESP32」ベースのIoTモジュール「ESP Module」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る