新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ナイトペイジャー 横田信一郎インタビュー

好奇心が結ぶ町工場とMakerムーブメントの邂逅

こうした憧れの世界だけでなく、身近な存在からも大きな影響を受けた。

「家の近くの河原に、僕らじゃ買えないラジコンヘリやボートで遊んでいる大人たちがいて。そういう身近なおっちゃんからも刺激を受けました。バイクの免許をとると、ヤンチャな先輩たちに連れ回されて。クルマを買ったら今度はそういう人たちがうるさく言うんですよ。MT運転するのにも回転あわせてどーのこーのと。こっちにとってはウザいんだけど、一生懸命説明してくれて(笑) でも今になるって思い返すと、そういうのを教えてくれる人がいたからこそ、どんどんハマったんじゃないですかね」 

ものづくりのプロへの道

高校を卒業するとすぐに父の会社に入社。工場には小さい頃から見ていた旋盤やフライス盤などの工作機械があった。

「自分の車の部品が欲しかったんだけど、雑誌見てもないんですよ。で、オヤジに土日の機械が止まる時間に使っていいか、って了解とって、自分で削って作ってたんです」 

現在の工場は5階建てのビルに48の工場が入居する首都圏最大級の工場アパート「テクノWING大田」内にある。 現在の工場は5階建てのビルに48の工場が入居する首都圏最大級の工場アパート「テクノWING大田」内にある。

こうして始めた部品作りが、ひょんなことをきっかけに仕事へと発展していく。

「あるカーショップで作業してもらってるときに、そこの社長さんがボンネット開けたら見慣れないパーツが付いてて、これ見たことないけどどうしたの? って質問してくれて。この車種に合うモノがなくて作ったんです、って話したら、じゃあうちの仕事を手伝ってくれないか、って22歳くらいの時言われたんです。それでどっかの下請けで作るんじゃなく、自分でブランド立ち上げようって始めたのがナイトページャーです」 

工場内にはFANUCのロボドリルやRoland DGのモデラなどのCNC機器、フライス盤や旋盤まで、新旧さまざまな工作機器が並ぶ。 工場内にはFANUCのロボドリルやRoland DGのモデラなどのCNC機器、フライス盤や旋盤まで、新旧さまざまな工作機器が並ぶ。

日本のクラブシーンの夜明けに立ち会う

一方、音楽への興味も尽きなかった。中学のころ聴いていた坂本龍一さんのラジオ番組で紹介されるリスナーの自作曲を聴くうち、自分でも曲を作りたいという思いが芽ばえた。そして高校時代、日本で初めてのDJコンテストに応募する。

DJコンテスト出場時のプロフィール。「ハービー・ハンコックのRock Itのスクラッチ部分をさらにスクラッチするという、今思えば恥ずかしいこともやってたんですけど(笑)」(写真提供:横田さん) DJコンテスト出場時のプロフィール。「ハービー・ハンコックのRock Itのスクラッチ部分をさらにスクラッチするという、今思えば恥ずかしいこともやってたんですけど(笑)」(写真提供:横田さん)

「延々スクラッチする人もいれば『ハーイこんにちは!』みたいなDJもいました。僕のグループはリズムマシンで打ち込んだトラックで優秀賞をもらったんです。審査員は近田春夫さんや藤原ヒロシさん、優勝したのは今のECDさん。当時日本でヒップホップをやってた人たちがみんないて、そっから色んな人たちと出会うようになったんです」

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. 1分間2400回転する卓球用ラケットで、素人が勝てるか検証する
  2. 電子部品の制御を豊富な実例で解説——ソーテック社、「電子部品ごとの制御が学べる!Raspberry Pi 電子工作 実践講座 改訂第2版」発刊へ
  3. 光発電、Bluetooth対応——シチズンのスマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver」がGREEN FUNDINGにてクラウドファンディング開始
  4. 200ドル台で高精細造形——LCD方式3Dプリンター「Orange 30」
  5. 今年のハロウィーンで大活躍?——Arduino互換サウンドジョークガジェット「THE TROLL」
  6. 160年前からの数学界の難問「リーマン予想」の証明に至るアプローチ
  7. 東大、部屋のどこでもワイヤレス充電が可能になる技術を開発
  8. グラスも箱も日本製——1000回落としても割れない、ゆらぎデザインタンブラー「Plakira」
  9. タグを並べてプログラミング——ロボットコーディングボードゲーム「Mojobot」
  10. 8個のDCモーターをアナログ音源に使う——メカトロニクスシンセサイザー「Motor Synth」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る