新しいものづくりがわかるメディア

RSS


ハードウェアスタートアップのヒト・モノ・カネ

ハードウェアスタートアップのヒト・モノ・カネ

VCも取引先!? 受託はやるべき? 起業する前に知っておきたいスタートアップのお金事情

VCも取引先!? 受託はやるべき? 起業する前に知っておきたいスタートアップのお金事情

スタートアップが避けては通れないヒト・モノ・カネの実際を忖度(そんたく)なしで取材する連載の最終回は「カネ」です。 モノを作り、世に届けるためには、当然ながら「カネ」が必要です。 ホビーであれば、自分のポケットマネーで済みます。しかし、ビジネスとして持続的にモノを開発し、届けるためには多くの「カネ」が必要であり、その調達手段も多種多様です。また、一人ではなく組織でモノを開発するためには、適切な…

トピックス | 2020/01/31 07:30

ハードウェアスタートアップのヒト・モノ・カネ

CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い

CPU製造中止、工場「できません」スタートアップはモノとの戦い

スタートアップが避けては通れないヒト・モノ・カネの実際を忖度(そんたく)なしで取材する連載の第2回は「モノ」です。試作パーツをネット通販や電気街で買うことから始まり、量産用の部品調達に至るまで、ハードウェアスタートアップは常にモノに囲まれるのが宿命です。 海外から取り寄せた部品の大半が不良品だったり、工場との交渉や仕様のすりあわせに悪戦苦闘したりという苦労は、一度でも製品を出したことがあるスター…

トピックス | 2019/10/15 06:30

ハードウェアスタートアップのヒト・モノ・カネ

スタートアップのチームづくりと採用——男女半々/多国籍がベストである理由

スタートアップのチームづくりと採用——男女半々/多国籍がベストである理由

ビジネスを進める上で必要な3つの資源として挙げられる「ヒト・モノ・カネ」。それはスタートアップや、既存企業の事業活動だけでなく、個人でモノを作って売るときにも重要です。 特にハードウェアスタートアップは試作開発段階から多額のコストがかかり、量産ともなれば工場や部品調達の面で、多くの仲間やパートナーが必要となります。メイカーズムーブメントを通じて、工作機械や基板など一部のコストが劇的に下がりました…

トピックス | 2019/10/02 07:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 8mmフィルムカメラをRaspberry Piで復活——デジタルカートリッジ「Super 8 Camera Digital Conversion」
  2. 目を閉じても見える——網膜にARを投影するスマートコンタクトレンズを開発
  3. リニア式電源、ラズパイ対応の高音質ミュージックサーバー「MS-100」を発売
  4. タイピングした文字を手書きしてくれるロボット「PlottyBot」——Raspberry Piで製作
  5. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  6. Raspberry PiによるPCデータレコーダーのエミュレータ「Raspberry Pi用ピーガーMODEM 【初回版】」発売
  7. ガラスやアクリルのような透明感を表現——3Dプリンター用クリアインク「MH-110PCL」
  8. フィルムカメラをデジタル化——Raspberry Piを使った「Digital Film Cartridge for Analog Cameras」
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. ラズパイで放射線量を記録——ソーラーパネル搭載のガイガーカウンターDIYキット「RadSense」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る