新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dでハードコアな超高速ものづくり《最新事例》

ヤマハ×革!? 3D技術で企業のレジェンダリーデザインを引き継ぐ

ローリング・ストーンズやエリック・クラプトンなど数多くのアーティストに信頼を置かれ、キーボーディストとして活躍してきたチャック・リーヴェル。長年、彼が数々のツアーを共にするのが日本メーカーの楽器であることをご存知だろうか。

その楽器とは、ヤマハ (静岡県浜松市)が持つ音響技術を結集して開発したステージピアノ「CP」シリーズだ。最新機種である「CP4 STAGE」において、実は3Dデジタル技術が使用されている。今回はそのデザイン開発ストーリーに焦点を当てる。

「CP4 STAGE」(2013年10月発売)は、シンプルかつ最高のステージピアノを目指して、ヤマハの技術を結集して開発された楽器である。それは言葉上だけではない。
木製象牙調の鍵盤でありながら持ち運びできる17.5kgという軽量を実現。ヤマハが誇るグランドピアノの音色のラインアップ「CF IIIS」、「S6」に加え、最高峰フルコンサートグランドピアノのフラッグシップ「CFX」の音色を搭載した、贅沢なつくりである。

「CP4 STAGE」の開発がスタートしたのは発売の約1年半前。
デザインコンセプトを担当したのは、当時来日したばかりのスペイン出身のデザイナー、ホセ・ゴンザレス氏だった。

「我々の場合、“CPシリーズ”と聞くと、製品情報やこれまでの背景など固定概念がある。彼にはそれがないので、非常にニュートラルにデザインをしてくれました」と語るのはヤマハ株式会社の楽器・音響営業本部の大野拓氏。

はやりすたりに流されない永く愛されるステージピアノを作りたいと考えたゴンザレス氏はまず、これまでの製品のどこにヤマハデザインのDNAがあるかを調べた。最新商品として流行のデザインを追うよりも、ヤマハの歴史を探求した製品デザインをするためだ。

今人気の記事はこちら

  1. ベンツに乗りながらゴキジェットを噴射してくれる恋人が完成しました
  2. Raspberry Piに5Vを安定供給——モニタリング機能付パワーHAT「Abbycus V Series」
  3. Raspberry PiでIoTの実証実験ができる——WDS、セルラー系LPWAを利用する「IoT-Pi for LTE-M」発売
  4. プリント後の焼結は不要——セラミック3Dプリンター「Digitalceram」
  5. 着るだけで生体情報を測定——ウェアラブルマルチ生体センサー「Astroskin」の輸入販売を開始
  6. あらゆる素材をアップグレードする技術——Nature Architectsが拡張する、3Dプリントの可能性
  7. 私がカセットテープDJになった理由(ワケ) By 大江戸テクニカ
  8. 0.1秒以内に10人の顔認証が可能——WDS、AIカメラモジュール「Eeye」発売
  9. Nordic Semiconductor、デュアルArm Cortex-M33プロセッサ搭載のIoT向け無線SoC「nRF5340」を発表
  10. MIT、ロボットが物体を素早くつかんで動かせるアルゴリズムを開発

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る