新しいものづくりがわかるメディア

RSS


3Dでハードコアな超高速ものづくり《最新事例》

ヤマハ×革!? 3D技術で企業のレジェンダリーデザインを引き継ぐ

ローリング・ストーンズやエリック・クラプトンなど数多くのアーティストに信頼を置かれ、キーボーディストとして活躍してきたチャック・リーヴェル。長年、彼が数々のツアーを共にするのが日本メーカーの楽器であることをご存知だろうか。

その楽器とは、ヤマハ (静岡県浜松市)が持つ音響技術を結集して開発したステージピアノ「CP」シリーズだ。最新機種である「CP4 STAGE」において、実は3Dデジタル技術が使用されている。今回はそのデザイン開発ストーリーに焦点を当てる。

「CP4 STAGE」(2013年10月発売)は、シンプルかつ最高のステージピアノを目指して、ヤマハの技術を結集して開発された楽器である。それは言葉上だけではない。
木製象牙調の鍵盤でありながら持ち運びできる17.5kgという軽量を実現。ヤマハが誇るグランドピアノの音色のラインアップ「CF IIIS」、「S6」に加え、最高峰フルコンサートグランドピアノのフラッグシップ「CFX」の音色を搭載した、贅沢なつくりである。

「CP4 STAGE」の開発がスタートしたのは発売の約1年半前。
デザインコンセプトを担当したのは、当時来日したばかりのスペイン出身のデザイナー、ホセ・ゴンザレス氏だった。

「我々の場合、“CPシリーズ”と聞くと、製品情報やこれまでの背景など固定概念がある。彼にはそれがないので、非常にニュートラルにデザインをしてくれました」と語るのはヤマハ株式会社の楽器・音響営業本部の大野拓氏。

はやりすたりに流されない永く愛されるステージピアノを作りたいと考えたゴンザレス氏はまず、これまでの製品のどこにヤマハデザインのDNAがあるかを調べた。最新商品として流行のデザインを追うよりも、ヤマハの歴史を探求した製品デザインをするためだ。

今人気の記事はこちら

  1. Windowsマシンに挿して使えるUSB型ラズパイ——プログラミングシステム「触(さわり)」発売へ
  2. 活版印刷でオリジナル名刺を——「ポータブル活版印刷機:一枚の名刺」がMakuakeに登場
  3. Raspberry Piを堅牢化したIoTゲートウェイ「BH3」の新モデルを発売
  4. ニンジャボット、入門用超小型3Dプリンター「ニンジャボット・コペン」発売
  5. ネックを折り曲げて持ち運びできる——折り畳み式ウクレレ「Astro」
  6. 最大造形サイズ300×300×400mmで6万円から——ボンサイラボ、大型FFF方式3Dプリンター「CR-10Sシリーズ」発売
  7. Raspberry Piでアナログ8ch入力できる——Raspberry Pi用アナログ入力ボード「RPi-GP40シリーズ」
  8. 焼鳥を串からスムーズに外せるけれど職人の苦悩が表示されるマシーン
  9. 「C言語によるPICプログラミング大全」との連動企画——ビット・トレード・ワン、PCB基板2種を発売へ
  10. 小さな活版印刷機の版を自作するためのテンプレートを作ったので使ってほしい

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る