新しいものづくりがわかるメディア

RSS


2020年プログラミング必修化!「作る」ことで分かるSTEM教育

第5回 子どもに合ったSTEM教育に役立つ教材とは? ポイントは母親へのアピールと小学生でも使える開発環境

世界一のトイカンパニー、レゴのSTEMトイ戦略

レゴは1998年にリリースしたレゴ マインドストーム(LEGO MINDSTORM)で、20年近くコンピューターによるものづくり教育に取り組んできました。2017年初頭、レゴ マインドストームの下にあたるプログラミングできるブロックシリーズを発表しました。それが「レゴ ブースト(LEGO BOOST)」です。開発を担当したチーフデザイナー、サイモン・ケント氏に話を聞きました。(インタビューアー:Francesco Fondi)

——開発はいつごろ始まったのでしょうか?

サイモン:2015年に始まりました。レゴ マインドストームは10歳以上を対象とした商品ですが、レゴ ブーストは7歳から始められるようにデザインしました。「7歳の子が遊んでいるクラシックなレゴブロックが使え、自分の作品に新たな機能が加えられるように簡単にコーディングできる」ことを目標にしました。そのため、開発環境となるコーディング用のアプリは、レゴ マインドストームよりシンプルなものが必要でした。

我々はScratchを開発したMITのチームと、レゴ マインドストームの開発以来の長い付き合いがあります。そこでScratchの「アイコンだけでコードが表現できる」というアイデアを採用しました。子どもが学ばなければならないテキストコードはありません。ただ、アイコンも種類が多く、自分が望む動作をさせようと思えば、7歳の子にとっては大いなる挑戦になります。それでも、多くのモニタリングを通して、それが乗り越えられる壁であることも分かりました。多くの子どもたちは試行錯誤しながら、コードを理解し、アイコンの使い方を学んでいったのです。

タブレットの画面上では、アイコンは命令の流れに沿って左から右に配置されていきます。スクリーン上で電気が流れ、命令が実行されていく様子が見られるので、自分の作品が期待に反した動きをすれば、どこで間違え、どこにもどって直さなければならないかが簡単に分かるようになっています。

レゴ ブーストで作れるロボットを手にするサイモン氏。 レゴ ブーストで作れるロボットを手にするサイモン氏。
作った電子ギターは実際に演奏することもできる。 作った電子ギターは実際に演奏することもできる。

今人気の記事はこちら

  1. cmレベルの高精度RTK-GPS測位ができる拡張ボード「GPS-RTK HAT for Raspberry Pi」
  2. 放射性中性子を排出しないクリーンな核融合——コンパクトで高効率な水素-ボロン核融合炉を計画
  3. ラズパイとLTEを搭載——防塵防水55インチ4Kモニター発表
  4. 発がん性物質などを含まない、光造形3Dプリンター用レジン「エキマテ」改良版が発売
  5. ラズパイにハードウェアクロックを——「Raspberry Pi 400用 RTCモジュール」
  6. ラズパイとの違いは? 初心者向けArduinoの使い方とオススメキット
  7. カットもできる、10万円以下の組み立て式レーザーカッターLazervidaを使ってみた
  8. ラズパイやJetson Nanoを最大8個搭載可能なクラスターケース
  9. 第1回 ラズパイってなんですか
  10. DINレール対応ラズパイケース——Raspberry Pi 4B用アルミケース発売

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る