新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:電子楽器の記事一覧

小鳥のように音を作る——鳥の形をした電子楽器作製キット「Synth Bird」

小鳥のように音を作る——鳥の形をした電子楽器作製キット「Synth Bird」

鳥の形をしたPCBボードに部品をはんだ付けして電子楽器を作製するキット「Synth Bird」がKickstarterに登場し、出資を募っている。基板には鳥の図解がプリントされ、部品の種類と仕組みを鳥の体の仕組みと比べながら、直感的に学べるデザインだ。

ニュース | 2020/12/28 11:00

リアルサウンドをシミュレートできる——ハイブリッドモノフォニックシンセサイザー「Anyma Phi」

リアルサウンドをシミュレートできる——ハイブリッドモノフォニックシンセサイザー「Anyma Phi」

モノフォニックシンセサイザー「Anyma Phi」がKickstarterに登場し、3日で目標額を調達する人気ぶりだ。アコースティックな音源や自然音をフィジカルモデリングでシミュレーションし、自在なサウンドクリエイトを可能にする。

ニュース | 2020/12/25 10:30

アジアのMakers by 高須正和

クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは

クラウドファンディングで約8000万円を集めたインスタコードからMakerが学ぶべき点とは

「まったく新しいガジェットをゼロから作る」プロジェクトを個人が始めるのは、国内外どちらでもとても少なくなっている。その中でfabcrossでもレポートした楽器に挫折した人々を救う新楽器「インスタコード」のクラウドフ…

トピックス | 2020/08/10 07:30

教授も愛した名シンセ「Prophet」を自作しちゃった現役大学生、福岡に現る

教授も愛した名シンセ「Prophet」を自作しちゃった現役大学生、福岡に現る

自作の名アナログシンセサイザーを演奏する動画がTwitterやYouTubeで公開され、話題になっています。シンセサイザーの名前は「Prophet-4」(プロフェットフォー)。
約40年前に発表され、YMOはじめ多くのミュージシャンが愛用した「Prophet-5」をほぼ再現しています。その再現度の高さにSNSユーザーのみならず、シンセマニアや楽器業界の関係者も驚きの反応を示しています。<…

インタビュー | 2020/07/17 07:30

弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」

弦ごとのコントロールも可能——エレキギター用光学式ピックアップ「ōPik」

エレキギター用の光学式ピックアップ「ōPik」がKickstarterに登場し、出資を募っている。フォトダイオードで弦の動きを検知する光学式のため、応答が速く、ナイロン弦にも対応する。専用アプリから、1弦ごとに音量やカットオフ周波数を設定して演奏できる。

ニュース | 2020/05/28 11:30

コンサートの臨場感を——重低音を体で感じるウェアラブルサブウーファー「BassMe」#CES2020

コンサートの臨場感を——重低音を体で感じるウェアラブルサブウーファー「BassMe」#CES2020

アメリカのラスベガスで開催された「CES 2020」で、ウェアラブルサブウーファー「BassMe」がイノベーションアワードを受賞した。肩に装着することで重低音を体で感じることができ、ヘッドホンやVRキットなどと一緒に使うことで新たなオーディオ体験が得られる。

ニュース | 2020/01/14 15:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 星や銀河を全自動で観測/撮影できるスマート天体望遠鏡カメラ「Vespera」 #CES2021
  2. 壁の中をスキャンしてくぎなどの位置を検出できるDIYツール「Walabot DIY 2」 #CES2021
  3. Apple Watchをヘッドマウント——スカウター型スマートグラス「ホロスター」
  4. レトロゲームが遊べる、作曲ができる——ゲームボーイ互換のポータブルゲーム機「Analogue Pocket」 #CES2021
  5. Raspberry Pi Zero用カメラポート付きUSBハブモジュール「Moon Pi Hub Cam」
  6. DMM.make、「PostPro 3D」を使った3Dプリント品の特殊表面処理サービスを開始
  7. それ、M5でつくれるよ ——猫をつくれるよ
  8. 自分に似合う髪型をAIが提案——「AI Stylist」にシミュレーション機能追加
  9. アフレル、AIロボティクス教材「ロボットではじめる深層学習TensorFlow × 画像認識 × EV3」発売
  10. 「タオバオ」に挑戦したけど異文化に揉まれて何も買えませんでした——失敗から学ぶ、ネットショップで使える中国語10選

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る