新しいものづくりがわかるメディア

RSS


Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするUPS付きエンクロージャー「Pi-oT 2」

Raspberry Piで産業用IoT構築を可能にするUPS付きエンクロージャー「Pi-oT 2」のクラウドファンディングがKickstarterで行われている。

Pi-oT 2は、Raspberry Piで産業グレードのIoTシステムを構築するためのエンクロージャー。Raspberry Pi本体を収容し、センサーなどからアナログ信号を受け、GPIOコントロールで外部機器の電源をオン/オフ制御できるように作られている。

Pi-oT 2

Pi-oT 2は、以前fabcrossで紹介した「Pi-oT」の後継プロダクト。Pi-oTでは外部機器のスイッチング用にSPDT(単極双投)リレー5個を内蔵していたが、Pi-oT 2ではリレーが外され、代わりにデジタル出力(オープンコレクター出力)6ポートが設けられている。

Pi-oT 2

Pi-oT 2には、標準モデルの他に「Pi-oT 2 +PLUS」と「Pi-oT 2 Precision」といった2つの上位モデルが用意されており、上位モデルではUPS(無停電電源)を使うことができる。Pi-oT 2のUPSは、停電時にはLiFePO4(リン酸鉄リチウムイオン)電池で最大2時間電力供給を行い、電池切れの前にはGPIO経由でシャットダウン信号を送る。これにより、Raspberry Piが正常にシャットダウン処理することが可能になる。

最上位モデルのPi-oT 2 Precisionは、UPSに加えIEC61131-2準拠デジタル入力4ポートとRS485シリアルポートを備えている。

Pi-oT 2

Pi-oT 2の価格は95ドル(約9900円)、Pi-oT 2 +PLUSは115ドル(約1万2000円)、Pi-oT 2 Precisionは159ドル(約1万7000円)。出荷は2021年1月の予定で、日本への送料は20ドル(約2100円)だ。

Pi-oT 2は5000ドル(約52万円)を目標に、2020年12月22日までクラウドファンディングを実施する。2020年12月2日時点で目標額を上回る約5900ドル(約62万円)を集めている。

関連情報

おすすめ記事

 

コメント

今人気の記事はこちら

  1. TIがPythonを搭載した関数電卓「TI-84 Plus CE Python」を発売
  2. 自称Mac信者の友人を自作キーボード沼に沈めたい
  3. ラズパイでレトロ家電をIoT化——Raspberry Pi Zeroで制御する「Teasmade 2.0」
  4. YouTubeで段ボール製ライフルの作り方を公開
  5. Raspberry Piで空気質モニター——PMセンサーボード「Pico Air Monitoring Expansion」
  6. スイッチサイエンス、触感デバイス開発/体感モジュール「hapStak」発売
  7. UCLAの研究者がガラスを金属のように強靭にする理論を発表——耐破壊性の世界記録を樹立
  8. 廃熱を電気エネルギーに変換する高効率熱電材料を開発
  9. スイッチサイエンスが「reTerminal - 5インチタッチスクリーン付き Raspberry Pi CM4搭載デバイス」を発売
  10. Raspberry Piで動かす小型ローバー——アクションカメラを搭載して進化する「Zippy」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る