新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インタビューの記事一覧

長谷川学インタビュー

紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観

紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観

アクリルケースに入ったマシンガン「M60」。鈍く光る銃身を前にすると一瞬ギョッとする。だがよく見れば、光沢に違和感を覚える。金属なのに金属ではない不思議な質感。頭が混乱する。アーティスト、長谷川学が作る世界に引き込まれる瞬間だ。

氏は「フロッタージュ」という版画技法から派生したテクニックを使い、金属の質感を紙と鉛筆だけで表現してみせる。ディテールにこだわり抜いた実物大の銃は本…

インタビュー | 2017/12/06 09:00

なぜFabCafeにMakerは集まるのかーーグローカル・コミュニティとしてのファブ

なぜFabCafeにMakerは集まるのかーーグローカル・コミュニティとしてのファブ

FabCafeをなんと紹介すればいいだろうか。3Dプリンターやレーザーカッターが使えるカフェと言うのは少し乱暴な説明に思える。ファブ施設と呼ぶにもしっくり来ないが、日本のMakersムーブメントを語る上では避けて通れない存在であることは確かだ。

ワークショップやトークイベントなど、クリエイティブに関わるイベントが毎週開催される場所でもあり、訪れるユーザーもベテランのMaker…

インタビュー | 2017/11/28 09:00

XYZプリンティングの3Dプリンター戦略を聞く——今後はフルカラーがメインに

XYZプリンティングの3Dプリンター戦略を聞く——今後はフルカラーがメインに

台湾の大手EMS新金宝グループが設立し、コンシューマー向けFFF(熱溶融積層)方式3Dプリンター「ダヴィンチ」シリーズなどで知られるXYZプリンティングはリーズナブルな価格帯のモデルを中心にプロシューマー向けにも進出。2017年9月にはフルカラー印刷に対応した「ダヴィンチ Color」を発売するなど製品開発のペースは落ちていない。 今回、新金宝グループCEO兼XYZプリンティングCEOサイモ…

インタビュー | 2017/11/10 09:00

空間知能化研究所インタビュー

水中ドローンで家から深海調査がしたい——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

水中ドローンで家から深海調査がしたい——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

「誰もが深海を見ることができる世界を実現させたい」

筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所は、潜水士よりも深く潜る水中ドローンを開発するスタートアップだ。2017年8月に総額1.9億円の資金調達を実施し、来春には新型水中ドローン「SPIDER」のリリースを予定している。
一般的に水深200m以上の海域を深海と呼び、太陽の光が届かない暗黒の世界。どうして低い水温に加え水…

インタビュー | 2017/10/04 09:00

誰でも使えるプロ仕様の3Dプリンターを——Formlabs躍進の原点

誰でも使えるプロ仕様の3Dプリンターを——Formlabs躍進の原点

2013年に一般ユーザーでも手が届く価格の光造形(SLA)方式3Dプリンター「Form 1」をKickstarterで発表して大人気を博し、約300万ドルの資金を集めたことで知られる米Formlabs。高精度ながら使いやすい3Dプリンターを開発し販売することで、MIT Media Lab発のスタートアップからグローバルに拠点を構える3Dプリンターメーカーへと急成長を遂げ、日本への本格展開を進めてい…

インタビュー | 2017/10/02 09:00

人工衛星×IoTで日本の養殖業を変革する——海洋系ベンチャー「ウミトロン」のチャレンジ

人工衛星×IoTで日本の養殖業を変革する——海洋系ベンチャー「ウミトロン」のチャレンジ

近年、ニホンウナギの絶滅危惧種指定やクロマグロの資源管理強化など、水産資源の持続的利用に関するニュースをよく耳にする。良質な蛋白源として水産資源の需要が世界的に高まる一方、漁船による漁業生産は頭打ちとなり、水産資源の供給拡大を養殖業に求めるしかない状況になりつつある。

そして今、日本の食卓を支える養殖業界において、宇宙開発経験者が立ち上げたベンチャーが注目を集めている。人工衛…

インタビュー | 2017/09/15 09:00

Kickstarterで話題のプロダクトの裏側

ウクライナ発:精巧なメカニズムで世界中に感動を呼ぶUGEARS

ウクライナ発:精巧なメカニズムで世界中に感動を呼ぶUGEARS

バイオリンに似た外観だが、付属するハンドルを回すと、バイオリンのような、バグパイプのような音が聞こえてくる。 「Hurdy-Gurdy(ハーディ・ガーディ)」は中世ヨーロッパの弦楽器。奏でられる美しいメロディーに合わせて、当時の人々は歌い、踊った。 この楽器をウクライナにあるホビー会社UGEARSがキット化。合板からレーザーカッターで木製部品を作り、顧客が自らの手で組み合わせ、完成させてい…

インタビュー | 2017/09/05 09:00

オンリーワンを作りたい——こだわりを追及する同人的ハードウェアグループ「TOKYO FLIP-FLOP」

オンリーワンを作りたい——こだわりを追及する同人的ハードウェアグループ「TOKYO FLIP-FLOP」

和装小物が入っているかのような桐箱に、5つの白いプッシュスイッチとアクリル製のスタンドが1組。一見しただけでは何か分からないが、これはスマートフォンと組み合わせる簡易レジ「レジプラ」だ。アプリに商品情報を登録し、画面に表示されている商品に対応したスイッチを押すとアプリに売り上げとして計上される。画面を左右にスワイプして商品を選び、売れた個数だけカチカチと押すだけで、簡単に売り上げの合計と受け取る金…

インタビュー | 2017/09/04 09:00

エネルギー社会を変える第一歩——Nature Remoを経て感じたスタートアップになるということ

エネルギー社会を変える第一歩——Nature Remoを経て感じたスタートアップになるということ

「これは、ちょっとおかしいんじゃないか」

2011年3月、三井物産で商社マンとして働いていた塩出晴海さんは石炭火力発電所の立ち上げでインドネシアにいた。
カリマンタン島に向かうセスナ機の窓から外を見ると、町の一部をはぎ取るようにして露天掘りの炭鉱があった。広大な炭鉱では巨大な機械が至るところで稼働し、炭鉱を拡張するために原生林は瞬く間に伐採されていく。その光景を目の…

インタビュー | 2017/07/31 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. それ、ラズパイでつくれるよ——ラズパイでAI技術に触れる
  2. 紙で銃を作るアーティスト長谷川学——金属の質感を紙で表現する超絶技法から生まれた世界観
  3. ギャルがワイヤレスLEDを使い倒したら、バイブスが高まりすぎた #XBASE
  4. 明治大学、高密度な「毛」を3Dプリントする技術を開発
  5. Raspberry Pi Zero用多機能拡張ボード「Pi Zero USB Docking Hub」
  6. ラズパイを赤外線学習リモコンに——ビット・トレード・ワン、Raspberry Pi専用の学習リモコン基板発売へ
  7. コーレル、汎用CADソフトの最新版「CorelCAD 2018」発売
  8. 世界17カ国で出荷台数40万台を突破——海外市場で伸び続ける日本発IoTプロダクト「SoundMoovz」
  9. アルミボディで6タイプに変形——Arduinoで動くロボットDIYキット「Qoopers」
  10. 最高の回し心地を目指す——日本の町工場が1/100mmの精度にこだわったハンドスピナー

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る