新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インタビューの記事一覧

空間知能化研究所インタビュー

水中ドローンで家から深海調査がしたい——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

水中ドローンで家から深海調査がしたい——過酷な環境へ挑戦する「Tripod Finder」

「誰もが深海を見ることができる世界を実現させたい」

筑波大発ベンチャーの空間知能化研究所は、潜水士よりも深く潜る水中ドローンを開発するスタートアップだ。2017年8月に総額1.9億円の資金調達を実施し、来春には新型水中ドローン「SPIDER」のリリースを予定している。
一般的に水深200m以上の海域を深海と呼び、太陽の光が届かない暗黒の世界。どうして低い水温に加え水…

インタビュー | 2017/10/04 09:00

誰でも使えるプロ仕様の3Dプリンターを——Formlabs躍進の原点

誰でも使えるプロ仕様の3Dプリンターを——Formlabs躍進の原点

2013年に一般ユーザーでも手が届く価格の光造形(SLA)方式3Dプリンター「Form 1」をKickstarterで発表して大人気を博し、約300万ドルの資金を集めたことで知られる米Formlabs。高精度ながら使いやすい3Dプリンターを開発し販売することで、MIT Media Lab発のスタートアップからグローバルに拠点を構える3Dプリンターメーカーへと急成長を遂げ、日本への本格展開を進めてい…

インタビュー | 2017/10/02 09:00

人工衛星×IoTで日本の養殖業を変革する——海洋系ベンチャー「ウミトロン」のチャレンジ

人工衛星×IoTで日本の養殖業を変革する——海洋系ベンチャー「ウミトロン」のチャレンジ

近年、ニホンウナギの絶滅危惧種指定やクロマグロの資源管理強化など、水産資源の持続的利用に関するニュースをよく耳にする。良質な蛋白源として水産資源の需要が世界的に高まる一方、漁船による漁業生産は頭打ちとなり、水産資源の供給拡大を養殖業に求めるしかない状況になりつつある。

そして今、日本の食卓を支える養殖業界において、宇宙開発経験者が立ち上げたベンチャーが注目を集めている。人工衛…

インタビュー | 2017/09/15 09:00

Kickstarterで話題のプロダクトの裏側

ウクライナ発:精巧なメカニズムで世界中に感動を呼ぶUGEARS

ウクライナ発:精巧なメカニズムで世界中に感動を呼ぶUGEARS

バイオリンに似た外観だが、付属するハンドルを回すと、バイオリンのような、バグパイプのような音が聞こえてくる。 「Hurdy-Gurdy(ハーディ・ガーディ)」は中世ヨーロッパの弦楽器。奏でられる美しいメロディーに合わせて、当時の人々は歌い、踊った。 この楽器をウクライナにあるホビー会社UGEARSがキット化。合板からレーザーカッターで木製部品を作り、顧客が自らの手で組み合わせ、完成させてい…

インタビュー | 2017/09/05 09:00

オンリーワンを作りたい——こだわりを追及する同人的ハードウェアグループ「TOKYO FLIP-FLOP」

オンリーワンを作りたい——こだわりを追及する同人的ハードウェアグループ「TOKYO FLIP-FLOP」

和装小物が入っているかのような桐箱に、5つの白いプッシュスイッチとアクリル製のスタンドが1組。一見しただけでは何か分からないが、これはスマートフォンと組み合わせる簡易レジ「レジプラ」だ。アプリに商品情報を登録し、画面に表示されている商品に対応したスイッチを押すとアプリに売り上げとして計上される。画面を左右にスワイプして商品を選び、売れた個数だけカチカチと押すだけで、簡単に売り上げの合計と受け取る金…

インタビュー | 2017/09/04 09:00

エネルギー社会を変える第一歩——Nature Remoを経て感じたスタートアップになるということ

エネルギー社会を変える第一歩——Nature Remoを経て感じたスタートアップになるということ

「これは、ちょっとおかしいんじゃないか」

2011年3月、三井物産で商社マンとして働いていた塩出晴海さんは石炭火力発電所の立ち上げでインドネシアにいた。
カリマンタン島に向かうセスナ機の窓から外を見ると、町の一部をはぎ取るようにして露天掘りの炭鉱があった。広大な炭鉱では巨大な機械が至るところで稼働し、炭鉱を拡張するために原生林は瞬く間に伐採されていく。その光景を目の…

インタビュー | 2017/07/31 08:00

「toio」プロジェクトリーダー田中章愛インタビュー

ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい

ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい

2017年6月1日、ソニーは、「つくって、あそんで、ひらめいて。」と、子どもたちが自ら創意工夫してさまざまな遊び方を楽しめる体験型のトイプラットフォーム「toio(トイオ)」を発表した。ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」から12番目に誕生した商品は、どのように誕生したのか。toioプロジェクトリーダーの田中章愛氏にお話を伺った。(撮影:萩…

インタビュー | 2017/07/21 08:00

PETS開発チーム「fOK」インタビュー

ものづくりコミュニティから生まれたパソコンを使わないプログラミング教材“PETS”が歩んできたステップ

ものづくりコミュニティから生まれたパソコンを使わないプログラミング教材“PETS”が歩んできたステップ

12のマス目の上を四角い箱型の車が静かに進んで行く。ときに止まり、左右に回転して方向を変える。見つめる子どもたち。

PETSは、5種類のブロックをボディに差しこむだけで、パソコンを使わずにプログラミングが学べる教材として、2015年に登場。各地でワークショップを開催するなど実績を重ね、2016年には国内で先行予約販売。さらに2017年3月にはKickstarterに登場し、4…

インタビュー | 2017/06/12 08:00

位置情報×IoTの最前線

3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

位置情報を活用したIoTの提供事例をテーマとした「位置情報×IoTの最前線」。第2回は、3G/LTEやLoRaWANを使って位置情報データを取得できる「GPSトラッカー」を取り扱うジーアイサプライを紹介する。同社が開発・輸入・販売するGPSトラッカーや、それを使ったシステムについて聞くとともに、IoTでの長距離通信向け通信技術として注目されるLoRaWANの現状についても詳しく聞いた。

インタビュー | 2017/05/24 08:00

しくみデザイン 中村俊介インタビュー

しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」

しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」

「苦節15年」2017年春に都内で開かれた製品発表会の場で、しくみデザインの代表をつとめる中村俊介さんは少し照れたような表情で、「KAGURA」のプロトタイプ発表から製品化までの長い月日を振り返った。

KAGURAはPCとWebカメラを使ってモーションで音楽を演奏する楽器アプリケーションだ。
2002年に制作したメディアアート作品「神楽」を基に、2013年にリメイク…

インタビュー | 2017/05/23 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. 配線不要のディスプレイ照明——模型用ワイヤレスLED「X-BASE」
  2. Wi-Fi対応Arduino互換マイコンを作ろう——CQ出版、「トランジスタ技術 2017年11月号」で「IoT Express」を特集
  3. デスクトップでロボット開発——Arduino互換ボードで動かすロボットDIYキット「NOVA」
  4. 加工エリアは最大3m×2.5m——自走式ルーターロボットCNC「Goliath CNC」
  5. レーザー刻印、CNC彫刻、マルチカラープリントも対応——工業グレードの金属製3Dプリンター「Mooz」
  6. 不在時の荷物受け取りに便利——オランダ発スマート宅配ボックス「LockBox」
  7. 機械語プログラミングを学習できる——教育用4ビットマイコンボード「ORANGE-4」
  8. LEDテープとハーフミラーで作る合わせ鏡——「Desktop Infinity Mirror」
  9. FPGAビギナーに最適——Altera MAX10搭載FPGAボード「MaxProLogic」
  10. 武藤工業、造形後に変形できる3Dプリンター用フィラメント発売

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る