新しいものづくりがわかるメディア

RSS


インタビューの記事一覧

エネルギー社会を変える第一歩——Nature Remoを経て感じたスタートアップになるということ

エネルギー社会を変える第一歩——Nature Remoを経て感じたスタートアップになるということ

「これは、ちょっとおかしいんじゃないか」

2011年3月、三井物産で商社マンとして働いていた塩出晴海さんは石炭火力発電所の立ち上げでインドネシアにいた。
カリマンタン島に向かうセスナ機の窓から外を見ると、町の一部をはぎ取るようにして露天掘りの炭鉱があった。広大な炭鉱では巨大な機械が至るところで稼働し、炭鉱を拡張するために原生林は瞬く間に伐採されていく。その光景を目の…

インタビュー | 2017/07/31 08:00

「toio」プロジェクトリーダー田中章愛インタビュー

ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい

ソニーの研究と仕事後の雑談から生まれた「toio」——小さなキューブを通じてワクワクを子どもたちに伝えたい

2017年6月1日、ソニーは、「つくって、あそんで、ひらめいて。」と、子どもたちが自ら創意工夫してさまざまな遊び方を楽しめる体験型のトイプラットフォーム「toio(トイオ)」を発表した。ソニーの新規事業創出プログラム「Seed Acceleration Program(SAP)」から12番目に誕生した商品は、どのように誕生したのか。toioプロジェクトリーダーの田中章愛氏にお話を伺った。(撮影:萩…

インタビュー | 2017/07/21 08:00

PETS開発チーム「fOK」インタビュー

ものづくりコミュニティから生まれたパソコンを使わないプログラミング教材“PETS”が歩んできたステップ

ものづくりコミュニティから生まれたパソコンを使わないプログラミング教材“PETS”が歩んできたステップ

12のマス目の上を四角い箱型の車が静かに進んで行く。ときに止まり、左右に回転して方向を変える。見つめる子どもたち。

PETSは、5種類のブロックをボディに差しこむだけで、パソコンを使わずにプログラミングが学べる教材として、2015年に登場。各地でワークショップを開催するなど実績を重ね、2016年には国内で先行予約販売。さらに2017年3月にはKickstarterに登場し、4…

インタビュー | 2017/06/12 08:00

位置情報×IoTの最前線

3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

3GだけでなくLoRaWANにも対応、位置情報がリアルタイムに分かるGPSトラッカー——ジーアイサプライ

位置情報を活用したIoTの提供事例をテーマとした「位置情報×IoTの最前線」。第2回は、3G/LTEやLoRaWANを使って位置情報データを取得できる「GPSトラッカー」を取り扱うジーアイサプライを紹介する。同社が開発・輸入・販売するGPSトラッカーや、それを使ったシステムについて聞くとともに、IoTでの長距離通信向け通信技術として注目されるLoRaWANの現状についても詳しく聞いた。

インタビュー | 2017/05/24 08:00

しくみデザイン 中村俊介インタビュー

しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」

しくみデザイン 中村俊介——世界が追いつくまでに15年を要した未来の楽器「KAGURA」

「苦節15年」2017年春に都内で開かれた製品発表会の場で、しくみデザインの代表をつとめる中村俊介さんは少し照れたような表情で、「KAGURA」のプロトタイプ発表から製品化までの長い月日を振り返った。

KAGURAはPCとWebカメラを使ってモーションで音楽を演奏する楽器アプリケーションだ。
2002年に制作したメディアアート作品「神楽」を基に、2013年にリメイク…

インタビュー | 2017/05/23 08:00

ソニー元エンジニア金子金次氏インタビュー

かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神

かつてソニーもスタートアップだった——当時を知るエンジニアが見たものづくり精神

2016年はソニー創業70年、東京・銀座のソニービル開館50年という節目の年だった。

終戦のわずか9カ月後にスタートし、旧社名の「東京通信工業」(以下 東通工)創業からベンチャー精神でさまざまな製品を生み出した。戦後復興期、高度経済成長期を通して次々と新しい製品にチャレンジし、どのようにベンチャーから現在の「ソニー」へと上り詰めてきたのだろうか。
歴史を創った名機が…

インタビュー | 2017/04/20 08:00

Makeマガジン編集長マーク・フラウンフェルダー インタビュー

マニア雑誌から日本のMaker、トランプ大統領まで——Makerムーブメントの源流と進むべき未来

マニア雑誌から日本のMaker、トランプ大統領まで——Makerムーブメントの源流と進むべき未来

マーク・フラウンフェルダー(Mark Frauenfelder)は、元パンクミュージシャンで、Makeマガジンや世界で最も影響を与えたブログのひとつであるBoing Boingのファウンダーであり、雑誌WIREDの初期の編集者でもある。 機械工学を自身のバックグラウンドに持つ非常にクリエイティブな人物だ。多くの仕事の中でも、1993年にビリー・アイドルの「Cyberpunk」をカバーしたミュージ…

インタビュー | 2017/04/17 08:00

位置情報×IoTの最前線

“落し物の専門家”が作った世界最小クラスの紛失物追跡タグ——MAMORIO

“落し物の専門家”が作った世界最小クラスの紛失物追跡タグ——MAMORIO

位置情報を活用したIoTの提供事例をテーマとした「位置情報×IoTの最前線」。第1回は、Bluetoothタグを活用した紛失物・遺失物探索サービス「MAMORIO」を提供するMAMORIOを訪れた。MAMORIOのサービスを開始した理由やサービスへのこだわり、開発の苦労などについて話を聞いた。

インタビュー | 2017/03/28 08:00

Xiborg 遠藤謙インタビュー

サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す

サイボーグ義足で東京パラリンピックは金メダルを! スポーツ工学を考慮したテクノロジーで世界最速ランナーの育成を目指す

3年後の東京パラリンピック。首を長くして待っている方も多いのではないでしょうか。
22種目が予定されている陸上競技の舞台裏で、日本を代表する選手たちと一緒に金メダルを目指して競技用義足を開発するスタートアップがいる。2016年12月にオープンした新豊洲Brilliaランニングスタジアムに活動拠点を持ち、競技用義足だけでなく、ロボット義足も研究するXiborg。
パラリンピックに…

インタビュー | 2017/03/27 10:00

あの名作の舞台裏にいたMaker

「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン

「志村!うしろ!」の後ろにいたデザイナー 山田満郎の「全員集合」舞台デザイン

1969年から1985年までTBS系列で放送していたバラエティー番組「8時だョ!全員集合」と言えばリアルタイムで見ていた人も少なくないだろう。
家が崩れる、本物の車が飛ぶ、岩が落ちてくるなど、奇想天外な仕掛けを駆使したコントは、当時公開生放送で行われ、最高視聴率50%を記録するなど、日本中のお茶の間を沸かせた。

その舞台セットのデザインを担当した山田満郎さん(194…

インタビュー | 2017/03/15 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. どこでもレーザー刻印できる——コンパクトカメラサイズのレーザー加工機「Cubiio」
  2. 電子工作マニア向け——プリント基板のパターンが印刷された定規「Zero Ruler V2」
  3. 子供が作っておウチで役立つIoT——実践型電子工作教材「PRO-CUBE」
  4. 全員FW!サッカー盤と電動ドリルを合体させてみた
  5. Autodesk、Fusion 360の大型アップデートを実施——シートメタル機能などを追加
  6. エアコンの稼働状況を可視化——家電をIoT化するデバイス「eRemote pro」
  7. 3脚車輪走行で素早い動き——デスクトップコンバットロボット「Archer」
  8. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  9. SLAMナビゲーションも可能——ロボット製作キット「CrazyPi」
  10. 1000円以内で役立つお盆を作ろう! お盆だけに……

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る