新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:宇宙の記事一覧

ロケットエンジニアを現地、北海道・大樹町で直撃

宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今

宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今

どこまでも広がる大地に、抜けるような青い空。北海道は帯広にほど近い広尾郡大樹町に来ると確かに宇宙に近づいたような気になる。民間による宇宙開発を目指して2013年に設立されたインターステラテクノロジズ(略称IST)は、ここから何機ものロケットを飛ばした。中でも2019年5月4日に打上げを実施した「宇宙品質にシフト MOMO3号機」は、「宇宙」と定義される上空100km以上の高度(高度113.4km)…

インタビュー | 2020/10/21 07:30

天地人、明治大学、誠和が産学連携——衛星データと農業データの連携による栽培高度化の実証試験を開始

天地人、明治大学、誠和が産学連携——衛星データと農業データの連携による栽培高度化の実証試験を開始

JAXAベンチャーの天地人と明治大学、誠和が、衛星/農業データの連携による栽培の高度化実証試験を開始。収穫量増加や環境制御をより高度化するため、これまでのハウス内センサーで取得したデータだけでなく、人工衛星によるさまざまなデータを活用する。

ニュース | 2020/09/07 13:30

金属3Dプリンター製「ねじゼロ人工衛星」−−大学生と生み出すイノベーション

金属3Dプリンター製「ねじゼロ人工衛星」−−大学生と生み出すイノベーション

「WASEDA-SAT」は早稲田大学 創造理工学研究科総合機械工学専攻 宮下研究室による人工衛星開発プロジェクトである。人工衛星の企画から設計、解析、製作、テストに至るまで、学生たちが自分自身の手で行っていることが特色だ。このプロジェクトが大学の教育研究の一環として実施されているためだ。WASEDA-SATで学生たちを指導する早稲田大学 創造理工学部 教授の宮下朋之氏と、そのプロジェクトを支援する…

インタビュー | 2020/04/30 07:30

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 4で動くミニチュアiMacを製作——小型だが中身は本格派
  2. 豊富なI/Oでオートメーションができる——Raspberry Pi4搭載AIカメラ「Vizy」
  3. 2万8000年作動するダイヤモンド電池の実現に向けて——核廃棄物が原料
  4. JAXAの研究成果を活用——自ら起き上がり頂点で立つ立方体「三軸姿勢制御モジュール」
  5. 軽量ダイレクトエクストルーダー搭載——高品位な高速造形が可能なFFF方式3Dプリンター「BIQU BX」
  6. 翼と胴体が一体化したV字型飛行機「Flying-V」、スケールモデルの飛行に成功
  7. 宇宙への飽くなき挑戦を続けるインターステラテクノロジズの今
  8. STEM教材が入った箱が毎月届く——電子工作学習キット「NextMaker Box」
  9. リモートエピタキシャル成長でフレキシブルなマイクロLEDを製造する手法を開発
  10. 組み込み用途のRaspberry Pi——最新版「Raspberry Pi Compute Module 4」発売

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る