新しいものづくりがわかるメディア

RSS


タグ:宇宙の記事一覧

リーマンサット・プロジェクトインタビュー

「趣味は宇宙開発」と言い切るサラリーマン集団、小型人工衛星打ち上げに挑む。

「趣味は宇宙開発」と言い切るサラリーマン集団、小型人工衛星打ち上げに挑む。

人は誰でも星空を見上げ、宇宙に想いをはせる瞬間がある。だが、普通はそこまでだ。手を伸ばしても宇宙には届かない。それでも諦めきれない人たちが、週に1回、週末の東京に集まり、人工衛星を介して宇宙との接触を図る。ほとんどのメンバーは宇宙業界とは無縁の普通のサラリーマン。自分たちの手で地球を回る小型の人工衛星を作ろうとしている。
グループの名はリーマンサット・プロジェクト(rsp.)。「リーマン…

インタビュー | 2017/01/10 08:00

これが民間初の月面ローバー——ロボット月面探査レース参加のHAKUTO、フライトモデルのデザインを発表

これが民間初の月面ローバー——ロボット月面探査レース参加のHAKUTO、フライトモデルのデザインを発表

日本唯一の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、ロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」のミッションに参加するフライトモデルのデザインを発表した。2017年1月までに実機を製造し、2017年中に月面へ向けて打ち上げる予定だ。

ニュース | 2016/08/30 14:30

鳳龍四号開発チームインタビュー

世界中の誰もが人工衛星を作れる時代へ——多国籍学生チームで開発した「鳳龍四号」

世界中の誰もが人工衛星を作れる時代へ——多国籍学生チームで開発した「鳳龍四号」

2016年2月17日、三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)はH-IIAロケット30号機の打ち上げに成功した。30号機には、日本で6機目となるX線天文衛星「ひとみ」と併せて、小型衛星3基も相乗りしていた。その中の一つ、九州工業大学(以下、九工大)が開発した「鳳龍四号」は、開発者の半数以上が途上国を中心とした留学生で構成されている。多国籍で開発する事の背景や意義、世界各国から集まったエンジニア…

トピックス | 2016/03/24 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. ありそうでなかったRaspberry Piの電源をきちんと落とせるスイッチ——「Hackable Raspberry Pi Power Switch」
  2. 試作工場(東京都足立区)
  3. レーザーカッターにもCNCミルにもなる——3Dプリンタ複合機「Optimus」
  4. 用途に合わせてパワーを変えられるUSB充電式ホットツール「Solderdoodle Plus」
  5. コアラのマーチの絵柄を消すマシンを作る
  6. 川崎市の旧ヨネヤマ本社ビルを再生——ファブラボなどが入居する創造拠点「unico」開設へ
  7. 超お手軽?家庭用レーザーカッター「Smart Laser Mini」を組み立ててみた
  8. 119の“しかけ”をめくってプログラミングを学ぶ——「なるほどわかった コンピューターとプログラミング」発刊へ
  9. ラジオの進化をたどる——CQ ham radio連動企画「作って合点!ラジオのしくみ ストレート・ラジオ キット」発売
  10. 繰り返し精度は50µm——高精度の動作が可能な5軸ロボットアーム「Dexter」

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る