新しいものづくりがわかるメディア

RSS


fabなび

fabbit(北九州 小倉)

日本全国のファブ施設を紹介する「fabなび」、今回は福岡県北九州市にある「fabbit」。サブカルチャーの新しいスポットとして注目を集めるJR小倉駅北口エリアにある大規模なインキュベーションスペースだ。

fabbitがオープンしたのは2014年4月。2013年2月に北九州で開催された「FabIT Summit」というイベントがきっかけとなり、DMM.makeの立ち上げや都内でシェアスペースを手掛けるnomadやアパマンショップホールディングスが中心となって立ち上げた。

2012年のオープンでアニメや漫画などのサブカルチャー関連のギャラリーや店舗が入居し、年間300万人が訪れる九州エリアでも屈指のサブカルチャースポット「あるあるCity」に隣接する「あるあるCity2号館」にfabbitは入居している。 

fabbitはベスト電器が入るビルの3階にある。 fabbitはベスト電器が入るビルの3階にある。

833平方メートルという巨大なスペースは、オープンスペース、固定席、会議室などのビジネス用途のエリアとカフェ、ライブラリ、ソファスペース、イベントスペースなどのオープンなエリアに分かれて、ここを拠点にビジネスを展開するクリエイターからカフェを利用する地元のサラリーマン、ワークショップに参加する主婦や学生に至るまで幅広い層が集う。

フリースペース フリースペース
打ち合わせにも使えるソファスペース 打ち合わせにも使えるソファスペース
ミーティングスペースは3部屋用意されている。 ミーティングスペースは3部屋用意されている。

利用体系には固定席会員やチーム席会員といった有料会員プランだけでなく、フリースペースやライブラリスペース、Wi-Fiや電源が無料で使える無料会員プランもあり、休日や仕事帰りに気軽に利用できる。

「無料会員で登録された方が、ここを気に入っていただいて有料会員にシフトされたケースもありますね。固定席会員は営業所として入居されている企業の方もいますし、カフェや図書館ではなく、固定席で集中して勉強したい学生さんにも利用いただいています」(fabbit運営責任者の津元敏行さん)

固定席は24時間利用することができ、ライブラリスペースや打ち合わせスペースもゆったりとした間隔で用意され、カフェはランチパスポートを使えば540円で昼食がとれるとあって、ランチタイムは地元の主婦やサラリーマンで賑わうという。

「いろいろな人が気軽に利用できる場所を目指しています。イベントスペースでは『Maker』(アメリカにおけるmakerムーブメントを記録したドキュメンタリー作品)の上映会をしたこともあれば、東京からゲストを招いてトークイベントやハッカソン、セミナーを開催したり、休日の朝は朝ヨガ教室を開いたりしています。ここに来れば何かしら学べたり、面白い人に会えると思っていただけることが大事だと思っています」(津元さん) 

カフェのカウンター。東京のカフェで長期間研修を受けたスタッフが調理するなど本格的だ。※現在改装中、2月オープン予定 カフェのカウンター。東京のカフェで長期間研修を受けたスタッフが調理するなど本格的だ。
※現在改装中、2月オープン予定

ゆったりとしたオープンスペースも特徴的だが、ファブスペースも本格的だ。

室内にはMakerBotの3Dプリンタ「Replicator」が7台設置され、故障時には自ら修理もするというReplicatorのエキスパートスタッフがいるのが強みだ。また3Dプリンタを活用した講座も展開していて無料CADソフト「123D design」を使った初心者向けの3Dモデリング/出力プログラムと、3D CGソフト「Shade 3D」の使い方を4回コースで学ぶプログラムが用意されている。Shade 3Dのコースはユーザーから「Shadeの神様」と称されるShade 3Dのエバンジェリスト園田浩二氏が講師という豪華さだ。

今後の目標として、会員を増やしながら講座を充実させ、さまざまな人が交流する場にしたいという。

「どちらかというとこういうスペースは、若い人やスーツを着た人がよくいるイメージですけど、北九州は元々ものづくりの町なので、作業着を着た方々が、大学生などにものづくりのスキルを教えるとか、そんなモデルができれば面白いかなと思っています」(津元さん) 

fabbit運営責任者の津元敏行さん fabbit運営責任者の津元敏行さん

概要

所在地

福岡県北九州市小倉北区浅野2-14-3
あるあるCity 2号館3階
(※ベスト電器が入居するビルの3階)

営業時間

24時間(固定席、チーム席)
9:30~19:30(ライブラリ、フリーアドレス席)

ウェブサイト http://fabbit.in/
料金

無料会員
無料で利用可能。ミーティングスペースは1時間500円。

固定席会員
月額9000円 住所利用/登記5000円。

チーム会員
月額6万5000円で8人が作業可能な個室を利用できる。
※固定席会員とチーム会員はミーティングスペースを無料で利用可能。

※ロッカー使用料は月1500円。

3Dプリンタ利用料
利用するためには、初回操作指導(2000円)の受講が必要。
基本プランは30分500円で、10分延長ごとに200円。
2時間利用可能なパック料金は1500円(学生はいずれも半額で利用可能)。
※すべて材料費込。

 

機材

3Dプリンタ:写真左から「3D Systems Cube X DUO」、「MakerBot Replicator Mini, 5th generation, 2」 3Dプリンタ:写真左から「3D Systems Cube X DUO」、「MakerBot Replicator Mini, 5th generation, 2」
3Dスキャナ:「3D Systems iSense」(上)、「Sense」(下) 3Dスキャナ:「3D Systems iSense」(上)、「Sense」(下)
ヘッドマウントディスプレイ:「Oculus Rift DK2」 ヘッドマウントディスプレイ:「Oculus Rift DK2」

関連情報

今人気の記事はこちら

  1. 50年来の信号処理に関する謎が解かれる、逆高速フーリエ変換がついに一般化
  2. マイリュックはMacintosh SE/30! 89年製Macを最新LEDリュックに大改造
  3. 1.5V出力で1000回使える充電池——LiPo充電池「Pale Blue」
  4. 米ライス大、防弾構造を持つプラスチックを3Dプリントで作製
  5. micro:bitでクラシックカーレース優勝を目指してみた!
  6. CQ出版、トラ技創刊55周年——2020年1月号の特集はDVD2枚による「エレクトロニクス設計ツール全集」
  7. ソレノイドで簡単電子工作——タカハ機工、電子工作キット「SOLEKIT」発売
  8. 慶應義塾大学、3Dプリントを使った単位格子とそのデータ設計技術を開発——身体にフィットする義肢装具開発への応用に
  9. スクリーン印刷技術を活用して有機トランジスタ大規模集積回路を製造
  10. Raspberry Piでミュージックサーバーからロボット制御まで——リックテレコム、「ラズパイZero 工作ブック」刊行

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る