新しいものづくりがわかるメディア

RSS


アジアのMakers by 高須正和

アジアのMakers by 高須正和

ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー

ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー

MITの「深センの男」であり、ハードウェアスタートアップアクセラレータHAXのメンターでもある“バニー”フアンが自らの体験を語りつくした「ハードウェアハッカー~新しいモノをつくる破壊と創造の冒険」(技術評論社)が2018年10月19日に…

トピックス | 2018/10/19 07:30

アジアのMakers by 高須正和

タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech

タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech

僕はアジアを拠点にしはじめた2014年ごろから、年に数度タイを訪れている。2015年5月のMaker Faire深センには多くのタイ人が参加し、彼らは戻ってそれぞれMakerスペースの運営を始めた。政府も2016年ぐらいからMaker教育、STEMやロボティクスの教育に力を入れ始めた。

トピックス | 2018/10/15 09:30

アジアのMakers by 高須正和

教育を通じてコンピューティングの裾野を広げていく——小中学校の教師向け雑誌を発行するRaspberry Pi財団

教育を通じてコンピューティングの裾野を広げていく——小中学校の教師向け雑誌を発行するRaspberry Pi財団

より教育に向けた取り組みを強化していく

2018年の7月3日と4日、イギリス・ケンブリッジのダウニングカレッジ(ケンブリッジ大学の一部)で、Raspberry Pi財団の主催するリセラー向けイベントが開かれた。世界中から50人ほどの販売業者が集まり、スイッチサイエンスも招待されて、僕が参加した。僕の勤めるスイッチサイエンスは、Raspberry Pi財団と取引して、Ras…

トピックス | 2018/09/10 07:30

アジアのMakers by 高須正和

また英国がコンピューターの歴史を作るときが来た——「英国のMakerムーブメントは世界一」Raspberry Pi財団代表エベン・アプトンが語る

また英国がコンピューターの歴史を作るときが来た——「英国のMakerムーブメントは世界一」Raspberry Pi財団代表エベン・アプトンが語る

産業革命の国イギリスで、Maker向けの企業がとても元気だ。Raspberry PiがなければMakerムーブメントは成り立たないし、micro:bitはここ数年の大きなニュースのひとつといえる。Raspberry Pi財団のエベン・アプトン(写真中央)にインタビューしたところ、彼はイギリスのMakerムーブメントについてアツく語ってくれた。

トピックス | 2018/06/26 07:30

アジアのMakers by 高須正和

Maker Proのためのクラウドファンディング、Quickstater——個人や小チームが、フルタイムでなくホビーで始めるプロジェクトのために

Maker Proのためのクラウドファンディング、Quickstater——個人や小チームが、フルタイムでなくホビーで始めるプロジェクトのために

もともと映画の制作費を集めるために始まったKickstarterは、大きな社会現象になり、多くのスタートアップがここで勢いづくことになった。一方でレベルの上がったクラウドファンディングはプロフェッショナルの場所になり、もともとの理念だった「コミュニティに応援される同人プロジェクト」というキャラクターは薄くなった。Kickstarterは6月18日にQuickStarterという小規模プロジェクト促…

トピックス | 2018/06/19 10:30

アジアのMakers by 高須正和

海外スタートアップへのアポ取り3つのTips

海外スタートアップへのアポ取り3つのTips

僕は深センで「ニコ技深センコミュニティ・華強北オフィス」というコワーキングスペースを運営していて、アポイント依頼をよく受ける。また、「深センのスタートアップにアポイントのメールを送ったが帰ってこない」という相談をされることも多い。アポイントの取り方がそもそも間違っているものも、単純な改善策で済むものもある。こちらから依頼したこと、アポイントを受けたことの両面から見て、大事なことを3つの点で紹介する…

トピックス | 2018/05/01 07:30

アジアのMakers by 高須正和

君が内向的なオタクであることはいちばん大事なことだ「世界ハッカースペースガイド」

君が内向的なオタクであることはいちばん大事なことだ「世界ハッカースペースガイド」

拙著「世界ハッカースペースガイド」(翔泳社)は、僕が2013年頃から数年に渡りアメリカ、アジア(台湾、中国、タイ、シンガポール)、ヨーロッパ(デンマーク、フランス)各地のハッカースペース、Makerスペースを訪ね、活動やプロジェクト、その国のMakerスペースのありかたを紹介している。 各国Makerスペースの連絡先やアポイント方法なども掲載している、あまり類書のない内容だ。

トピックス | 2018/02/07 09:00

アジアのMakers by 高須正和

タブレットの組み立て工インターンで見えたもの

タブレットの組み立て工インターンで見えたもの

深センの製造エコシステムを使って日本向け品質のICT製品を製造しているJENESIS。大手タクシーの日本交通で使用しているドライブレコーダーや、自社ブランドで供給しているイオンの格安スマホなど、数十人で操業しているとは思えない多様な製品を製造している。僕はその工場で2日間インターンとして働いてみた。この間、日本の法人向けに1400台のタブレットが部品から製品に組み立てられ、僕はそのいくつかの工程で…

トピックス | 2018/02/01 09:00

アジアのMakers by 高須正和

世界のお茶カルチャーを変える 台湾のお茶屋さん出身スタートアップTEAMOSA

世界のお茶カルチャーを変える 台湾のお茶屋さん出身スタートアップTEAMOSA

台湾でお茶屋を営む一家に生まれ、アメリカで化学を学んだアーヴァインは、システムエンジニアリングを学んだ姉とエレクトロニクスを学んだ義兄と一緒に、ハードウェアスタートアップTEAMOSAを起業した。「西洋人に、おいしいお茶の飲み方を伝えたい」と語るアーヴァインのプロダクトは、Makerムーブメントらしさに満ちている。

トピックス | 2017/12/18 09:00

アジアのMakers by 高須正和

海外Maker Faireへの出展ブーム 100人規模の日本人Makerが台湾や深センなどへ

海外Maker Faireへの出展ブーム 100人規模の日本人Makerが台湾や深センなどへ

11月に相次いで行われるMaker Faire Taipei(2017年11月3~5日)、Maker Faire Shenzhen(2017年11月10~12日)にはどちらも多くの日本人出展者が参加している。日本から距離が近く、一度参加した人がまわりを誘うこともあって、参加者は倍々で増え続けている。今回の台湾ではおそらく50人ほど、深センでは100人ほどの規模になり、それぞれ現地では大ミートアップ…

トピックス | 2017/11/06 11:45

アジアのMakers by 高須正和

ブランドロゴを貼るだけから共通パーツの製造まで 「世界の工場」に見る、製造業のグラデーション

ブランドロゴを貼るだけから共通パーツの製造まで 「世界の工場」に見る、製造業のグラデーション

ハードウェアを製造するためのビジネスが世界中から集まり、工場、検査会社、部品商社、倉庫や配送業などのハードウェア製造に必要な業種すべてがそろっていることから「ハードウェア開発のハリウッド」と呼ばれる中国・深セン。 魚料理が盛んな日本では同じ魚をハマチとブリなど成長段階で呼び分けるように、深センでは「作る」という作業が細分化されて多くの一次名詞がある。それは他に見られない多くの製造業のグラデーショ…

トピックス | 2017/09/26 09:00

アジアのMakers by 高須正和

光りものガジェット+パリピプレゼン+ライブハウスのイベントAkiParty(8月5日)が出展者募集中

光りものガジェット+パリピプレゼン+ライブハウスのイベントAkiParty(8月5日)が出展者募集中

ライブハウスに、LEDなどの光り物を持ち込んでクラブイベントを行うAkiPartyが、今年も8月5日(土)16:00-にライブハウスMOGRA秋葉原で行われる。今年はギャル+電子工作のユニットであるギャル電と連携して、よりDIYでカオスなイベントになる予定だ。

トピックス | 2017/08/01 08:00

アジアのMakers by 高須正和

日本から出展しやすい海外のMaker Faire ——国ごとに違うMaker Faireのキャラクター

日本から出展しやすい海外のMaker Faire ——国ごとに違うMaker Faireのキャラクター

8月にはMaker Faire Tokyoが開催されるが、この夏はアジア各国でもMaker Faireが行われている。アジアにはまだ「はじめてのMaker Faire」や、小さいイベントを盛り上げていこうとする途中の荒削りなMaker Faireがあり、東京とは違った魅力がある。Makeの世界は広い。今回は日本から出展しやすいアジアのMaker Faireを紹介する。

トピックス | 2017/07/03 08:00

アジアのMakers by 高須正和

コピーキングの異名を持つ中国の発明家「山寨王」の考える中華コピー対策

コピーキングの異名を持つ中国の発明家「山寨王」の考える中華コピー対策

クラウドファンディングで発表された新製品が、実際に出荷される前に中国で安価にコピーされてしまうことはよくある。中国ではそれを指して「山寨死(Shānzhài sǐ)」と呼ぶ。コピーされるのがあたりまえの中国の発明家達に、彼らのコピー対策と、中国で発明を続ける生き残り戦略についてインタビューした。

トピックス | 2017/05/31 08:00

アジアのMakers by 高須正和

失敗を恐れるシンガポール人気質を変えるSTEM教育

失敗を恐れるシンガポール人気質を変えるSTEM教育

厳しい受験戦争から「取り残されるのを恐れ、チャレンジしない気質」と呼ばれるシンガポール人。「テストをしない」「順位付けをしない」「かならず社会や産業に必要とされる」新しい形の教育システムで、そういった気質まで含めて国の形をアップデートしようとする試みが行われている。シンガポールサイエンスセンターの館長、メンリム博士にインタビューした。

トピックス | 2017/05/10 08:00

アジアのMakers by 高須正和

シンガポールでは10日間2万円で電波認証(いわゆる技適)が取れた

シンガポールでは10日間2万円で電波認証(いわゆる技適)が取れた

僕は先日、シンガポールでBluetoothの認証を取得した。かかったのは250シンガポールドル(2万円弱)、ゼロから調べ始めて、実際に許可を取るまでの期間は週末込みで10日間だった。次からは一瞬で、ゼロ円で新しい機器の認証が取得できる。このシステムはとても良くできていると思うのでレポートする。

トピックス | 2017/04/12 08:00

アジアのMakers by 高須正和

タイらしさ爆発、大人も子どもも楽しめるBangkok Mini Maker Faire 2017レポート

タイらしさ爆発、大人も子どもも楽しめるBangkok Mini Maker Faire 2017レポート

「微笑みの国」と呼ばれ日本人から人気の高いタイ。2017年で2回目になる「Bangkok Mini Maker Faire」は、昼過ぎから始まる/夜はパレードが行われるなど、シンボルマーク含めてキャラクターが立ったイベントとなった。遊び心に満ちた出展物が並んだ、バンコクのMaker Faireをレポートする。

トピックス | 2017/02/22 08:00

アジアのMakers by 高須正和

インド映画のように濃厚な喜びに満ちた、踊るMakerの祭——ムンバイMaker Mela 2017レポート

インド映画のように濃厚な喜びに満ちた、踊るMakerの祭——ムンバイMaker Mela 2017レポート

インドの大都市ムンバイにある工科大、K.J. Somaiya College Of Engineeringで開かれたDIYのイベント、Maker Mela 2017は2日間で5万人を集める巨大イベントになった。電子工作、絵画、服飾、エンジン、そしてダンスが詰まった、インド映画のように濃厚なMakerの祭りをレポートする。

トピックス | 2017/02/14 08:00

アジアのMakers by 高須正和

一緒に生きて食べ、踊って学ぶ——砂漠からアントレプレナーシップ ヴィガンアシュラム

一緒に生きて食べ、踊って学ぶ——砂漠からアントレプレナーシップ ヴィガンアシュラム

ヴィガンアシュラムはインドの農村にイノベーションをもたらすための研究所だ。ムンバイから150kmほど内陸に位置する半砂漠の村が、数億人の生活をアップデートするための研究活動を行っている。60人ほどがコミューンとして共に生き、作物や家畜を育てながら、新しいプロジェクトをいくつも生み出している。「一緒に生きて食べ、踊らないと学んだことにはならない」と研究所のDr.Yogeshは語る。ヴィガンアシュラム…

トピックス | 2017/02/08 08:00

アジアのMakers by 高須正和

「人がMakerになる場所」古都・成都で開かれた中国4カ所目のMaker Faire、Mini Maker Faire 成都 2016レポート

「人がMakerになる場所」古都・成都で開かれた中国4カ所目のMaker Faire、Mini Maker Faire 成都 2016レポート

三国志の蜀の都、諸葛孔明を祀る武候祠があり、パンダや麻婆豆腐といった名物でも有名な四川省の成都で「Mini Maker Faire 成都 2016」が開かれた。

2日間で11万人の来場者を集めて大成功したMaker Faireは、同じ中国の深センのMaker Faireがスタートアップ尽くしなのとは異なるカルチャーを感じた。さまざまなMaker文化を交錯させ、「人がMaker…

トピックス | 2017/01/24 08:00

アジアのMakers by 高須正和

世界のベンチャーに対して見せた、日本製造業の可能性 —HWTrekのAsia Innovation Tour 世界のサプライチェーンレポート—

世界のベンチャーに対して見せた、日本製造業の可能性 —HWTrekのAsia Innovation Tour 世界のサプライチェーンレポート—

前回(量産サポート)、前々回(プロトタイピング環境)と深センのサプライチェーンを紹介したが、HWTrekのツアーはその後京都/大阪と続いた。日本にも海外から発注を受ける製造業者が、さまざまなスケールで存在する。HWTrekは京都/大阪について、「深センとは違うクオリティの製造業がある」と紹介した。世界のスタートアップが日本で見た製造業のクオリティを紹介する。

トピックス | 2017/01/19 08:00

アジアのMakers by 高須正和

世界の工場深センに見る、「製品化」を助けるサプライチェーン——HWTrekのAsia Innovation Tour 世界のサプライチェーンレポート

世界の工場深センに見る、「製品化」を助けるサプライチェーン——HWTrekのAsia Innovation Tour 世界のサプライチェーンレポート

HWTrekが深センのサプライチェーンをスタートアップに紹介するツアー。前回紹介したインキュベーション/試作から、今回はアイデアを実際に量産/製品化するうえで関わってくる製造業者を紹介する。大量生産のためには金型が必要になることはよく知られているが、プロトタイプと製品の間には検査や認証、箱詰めや検品/発送といった多くのサプライチェーンが必要になる。深センにはそのサプライチェーンが至近距離にすべてそ…

トピックス | 2016/12/27 08:00

アジアのMakers by 高須正和

世界の工場・深センのプロトタイピング環境——HWTrekのAsia Innovation Tour世界のサプライチェーンレポート

世界の工場・深センのプロトタイピング環境——HWTrekのAsia Innovation Tour世界のサプライチェーンレポート

台湾で創業したHWTrekは、中国語がネイティブでしゃべれて西欧のビジネスルールにも合わせられるという特性を生かして、世界のスタートアップと主に深センの製造業者をつなぐビジネスをしている。同社は製造業ネットワークをスタートアップに紹介するツアーを年に2回開催している。ツアーの様子と、サプライチェーンのうち試作や小ロット段階での製造業者を紹介する。

トピックス | 2016/12/26 08:00

アジアのMakers by 高須正和

世界で最もアジャイルな街の、アジャイルなMaker Faire Shenzhen 2016

世界で最もアジャイルな街の、アジャイルなMaker Faire Shenzhen 2016

この連載でも過去に何度か取り上げてきた、世界のハードウェアの中心地・中国の深センでは、アジア最大のMaker Faireが開かれる。2016年10月21~23日に予定されていた「Maker Faire Shenzhen 2016」は、大型台風の直撃により、本番2日前に日程が23~24日に変更になるという、前代未聞のMaker Faireとなった。

トピックス | 2016/11/18 08:00

アジアのMakers by 高須正和

深センの公板/公模 700円の粗悪アクションカメラに見るイノベーション

深センの公板/公模 700円の粗悪アクションカメラに見るイノベーション

「世界の工場」と呼ばれる中国の深センでは、アクションカメラや携帯電話が数百円程度で販売されている。経済大国となった中国はもう人件費の安さで勝負する国ではないにも関わらず、流行したガジェットの価格はどんどん下がるエコシステムが構築されている。今、そのエコシステムは世界のMakersに対して新たなムーブメントをもたらす可能性を示している。深センのエコシステムについてレポートする。

トピックス | 2016/09/22 08:00

アジアのMakers by 高須正和

シンガポールの国家戦略に組み込まれる Maker Faire Singapore 2016

シンガポールの国家戦略に組み込まれる Maker Faire Singapore 2016

東京23区ぐらいの大きさの国土しかない小国シンガポールは、東南アジアで最初のMaker Faireを開催し、現役の閣僚がMakeを楽しみMaker Faireに続々と来訪する、Makerの国でもある。国営機関であるScience Centre Singaporeが運営するMaker Faire Singaporeは、年々倍以上の規模に拡大し、「小さな国の大きなMaker Faire」を実現している…

トピックス | 2016/09/07 08:00

アジアのMakers by 高須正和

日本発で海外に広がるMaker向けクラブイベントAkiPartyとニコニコ技術部東京

日本発で海外に広がるMaker向けクラブイベントAkiPartyとニコニコ技術部東京

Maker Faire Tokyo 2016の終了直後から秋葉原のダンスクラブにて、クラブイベントと展示イベントを同時開催する形でニコニコ技術部の展示イベントNT東京が行われた。会場では、テクノロジーでウケを取りにいくニコニコ技術部ならではのインパクトの強い展示や、クラブイベントと同時開催ということでパーティー向けの工作など、通常のイベントでは見られない作品が見られ、新たなジャンルの誕生を感じさせ…

トピックス | 2016/08/16 08:00

アジアのMakers by 高須正和

Makerマインドの原点と最新形がここにある 世界最大のMaker Faire Bay Area 2016

Makerマインドの原点と最新形がここにある 世界最大のMaker Faire Bay Area 2016

世界のMaker Faireの元祖、アメリカ西海岸で行われるMaker Faire Bay Area 2016は、11周年となる今回、来場20万人を超える世界最大規模のMaker Faireとなった。恐らく面積も世界最大と思われる広大な空間の中に、多様なDIYが見られるMakerムーブメントの原点と、世界のMakerムーブメントの高まりを反映した最新形が見られた。DIYから始まり、今は「明日のMa…

トピックス | 2016/08/04 08:00

アジアのMakers by 高須正和

「台湾はいいぞ」日本からの参加も年々増える、台北のMaker Faire

「台湾はいいぞ」日本からの参加も年々増える、台北のMaker Faire

毎年、国内4カ所でDIYの祭典Maker Faireが開かれ、Makerムーブメントに沸く台湾。中でも例年5月に開催されている首都台北の「Maker Faire Taipei」は最も大きく、台湾全土から出展者が集まる。今年は会場を国立科学教育館に移し、さらに教育とMakeカルチャーの融合が見られた。日本からの出展者も多く参加した、Maker Faire Taipei 2016をレポートする。

トピックス | 2016/07/01 08:00

アジアのMakers by 高須正和

ロボティクス教育のための最後のピースを埋めるMakeblock

ロボティクス教育のための最後のピースを埋めるMakeblock

深センのShenzhen Maker Works Technologyは、誰でもロボティクスが学べるツール、21世紀の大人のためのレゴとして、Makeblockという製品を開発した。2012年に5人で創業した彼らは、2016年5月現在で社員200人を超える大手企業に急成長し、さらに子ども向けのロボティクス教育ツールを開発している。

トピックス | 2016/05/27 08:00

アジアのMakers by 高須正和

まだIoTを作ったことがない97%のために マレーシア+タイ+シンガポールのIoTベンチャーESPert

まだIoTを作ったことがない97%のために マレーシア+タイ+シンガポールのIoTベンチャーESPert

シンガポール、マレーシア、タイにゆかりを持つ東南アジアのベンチャー企業ESPert Pte.が、設立から半年でIoTのツールキット「ESPresso Lite」をローンチし、日本を含む各国で販売を始めた。マレーシア出身の元高校教師ウィリアムと、タイのソフトウェア企業社長ジミーが、シンガポールではじめた東南アジアのIoTビジネスをレポートする。

トピックス | 2016/05/12 08:00

アジアのMakers by 高須正和

手を動かし、組み合わせながら考えることがクリエイター、メイカーへの入り口になるTinkering Studio

手を動かし、組み合わせながら考えることがクリエイター、メイカーへの入り口になるTinkering Studio

2016年1月、シンガポールサイエンスセンターに、Tinkering Studioという施設が新しくできた。Tinkとはカン!っていう擬音で、Tinkering(ティンカリング)とはカンカン音を立てて物理的な工作、図工っぽいことをやることを指す。Tinkering Studioは今、Makerになるための入り口としてとても注目されている。

トピックス | 2016/03/14 08:00

アジアのMakers by 高須正和

大量生産でもDIYでもない、仲間内で頒布される「同人」ハードウェアが起こすイノベーション

大量生産でもDIYでもない、仲間内で頒布される「同人」ハードウェアが起こすイノベーション

僕は海外のMakerを日本に紹介したり、日本のMakerが海外のMaker Faireにまとめて出展するような「ニコニコ技術部輸出プロジェクト」をやっている。勤務先であるチームラボの仕事でシンガポールに在住していて、東南アジアのMakerイベントに行くことも多い。この連載では、そういう海外のMakerの活動を、アジアを中心に取り上げていく。

トピックス | 2016/02/23 08:00

もっと見る

今人気の記事はこちら

  1. Raspberry Pi 3と同性能で10ドルから——シングルボードコンピューター「La Frite」
  2. Raspberry Piを自分好みのノートPCにする組み立てキット「LapPi」
  3. タイ政府が教育にマイコンボードを大量採用 バンコクのGravitech
  4. それ、ラズパイでつくれるよ——人類史上最も無駄のないノートPC。をつくれるよ
  5. 球が転がり落ちて時を刻む——3Dプリント製キネティックタイマー「Chrolo」
  6. 単純作業からカメラ撮影まで——費用対効果の高い中小企業向け産業用ロボットアーム「xArm」
  7. 家電のIoT化に挑戦——「obniz」を使ってAIやIoTを始められる「AIロボットキット」「IoTホームキット」
  8. ブートストラップ型の資金調達 ハードウェアベンチャーとキャッシュフロー
  9. 無線方向探知機やパッシブレーダーにも使える——RTL-SDRボード「KerberosSDR」
  10. 通信技術発達のはざまに存在したコミュニケーションツール 「SONY PERSONAL RADIO SPR-6 Skycircuit」

ニュース

編集部のおすすめ

連載・シリーズ

注目のキーワード

もっと見る